MENU

20代なのに薄毛に悩む女性の原因は何?

年齢と共に髪の薄毛は多かれ少なかれ進行してしまうものですが、20代の女性でも薄毛に悩まされることがあります。

 

加齢による薄毛は、髪を育てる女性ホルモンである「エストロゲン」が不足してくることが大きな原因になっていますので、若年性の薄毛とは対処の方法も変わってきます。

 

20代の若い女性の薄毛の原因の多くは、不規則な生活や食生活、ストレスが原因となってホルモンバランスが乱れていることが考えられます。いわゆる生活習慣病の一歩手前と言う事です。

 

髪というものは成長ホルモンの影響を受けますので、不規則な生活で睡眠不足が続いていたりして成長ホルモンがしっかり分泌していないと髪は育たなくなってしまいます。

 

この場合、いくら髪に良いシャンプーや育毛剤を使ったところで、その効果を最大限に発揮することは難しいものです。それに、ホルモンバランスが乱れているので、外部からよりも体の内部から改善していかない事には、治るものも治らなくなってしまうのです。

 

睡眠不足はホルモンバランスを乱す原因となりますので、髪だけではなく肌などにも影響が大きくなります。肌荒れが酷い場合は、睡眠不足が大きく影響している事もあります。

 

また、髪の毛は基本的に睡眠中に成長しているので、睡眠不足の場合は髪の毛は十分に成長する事ができません。睡眠不足と言うよりも、夜更かしが一番ダメなのです。

 

まだ20代で若いからと油断をしていると薄毛に悩まされることもありますので、そんな時は生活リズムや食生活を見直すことが20代の女性の薄毛には一番大切なことです。

 

髪や美容のためには夜の10時から2時のゴールデンタイムにはしっかりと寝て、早寝早起きでバランスの良い食生活を心がけることです。

 

また20代だけではなく薄毛の原因のひとつにストレスがあります。適度な運動はストレス解消に非常に有効ですので、心身ともに健康な体を作ることも大切です。

 

良く寝て、良く動いて、場バランスの良い食生活をする事が、薄毛改善の第一歩になります。

 

それに合わせて、女性専門の薄毛治療等をはじめると、より改善が早くなるのでおすすめです。薄毛治療をはじめると言うよりか、まずは女性の薄毛治療を専門的に扱っているクリニック等で、原因を突き止める事が最優先になってきます。

 

一刻も早く薄毛を改善したいと言う場合は、女性の薄毛治療.comなどのメディアを参考にしてみてください。

 

更新履歴