MENU

多くの女性が経験する出産後の抜け毛や薄毛

女性の中には、出産後に髪が一気に抜け落ちてしまい、薄毛で悩まれてしまう方が多くいらっしゃいます。

 

出産を経験された女性の実に7割もの方が経験されたとのデータもあるほどです。抜け毛がお風呂の排水溝に集まった状態見ると、正直驚きを隠せない程のケースも珍しくありません。

 

出産後の抜け毛は、一般的には産後3ヶ月くらいから気になってくるケースが多いようです。出産後の抜け毛の原因で主なものは、女性ホルモンのバランス変化です。

 

妊娠中はお腹の赤ちゃんの成長を守る為に、女性ホルモンのプロゲステロン(黄体ホルモン)の分泌量が多くなります。

 

プロゲステロンの効果で、髪は成長を促された状態で保たれてしまい、通常の髪の生え変わりで抜けるべき毛が、極端に少なくなってしまうのです。

 

それが出産と共に女性ホルモンの変化し、今度は抜けずに留まっていた毛が一気に抜け落ちてしまうことから、抜け毛・薄毛の悩みへ繋がっていくのです。
その他、出産に纏わる抜け毛・薄毛の原因としては、出産後のストレスや無理なダイエットなどが挙げられます。

 

出産後は、どうしても赤ちゃんを中心とした生活リズムになります。

 

夜中でも授乳したり、夜泣きへの対応などで睡眠も不規則になりがちで、これまでにないストレスを感じるでしょう。ストレスにより女性ホルモンのバランスが崩れ、髪の毛の成長サイクルにも影響を及ぼすのです。

 

また、妊娠中に増えてしまった体重を減らそうと急激なダイエットを行うことで、様々なホルモンバランスを崩し、髪の毛の成長にも影響を及ぼすのです。

 

通常髪の毛の生え変わりのサイクルは、髪の毛が生え成長する成長期が2~6年、髪が抜ける退行期が2~3週間、次に髪の毛が生えてくるまでの準備期間の休止期が2~3ヶ月と言われています。

 

これらそれぞれの期間を繰り返して髪の毛の生え変わりのサイクルとなっている訳ですが、出産後に一気に抜け落ちてしまった毛も、休止期である2~3ヶ月を過ぎた頃から徐々に生え始めてきますので、出産後3ヶ月前後から抜け毛が多くなり薄毛に悩まれた方も、産後6ヶ月頃から1年程で元に戻ると言われています。

 

逆にそれ以上薄毛に悩まれる場合には、妊娠中や出産後の女性ホルモンのバランス変化以外の原因を探る必要があるかもしれません。