MENU

女性の薄毛にはどう対処したらいいのか?

女性でも薄毛で悩むことがありますが、その原因は一体何でしょうか。

 

女性の薄毛の中でもFAGAのような男性ホルモンが関係している薄毛でない場合、原因は加齢やストレス、食生活、生活リズムの乱れなどがあります。

 

特に若い20代30代から薄毛に悩む場合はストレスや生活リズムは大きく影響しています。年と共に薄毛になるのは、女性ホルモンの量が減ってしまい、髪にまで栄養が行き届かなくなります。

 

ですので年齢と共に少しずつ薄毛になってしまうのは、当然の影響とも言えます。

 

ですが若い頃から薄毛になるということは加齢以外の原因を考えなくてはいけません。

 

髪の毛を作るのは成長ホルモンですが、このホルモンが正しく機能しないことには髪は育たなくなってしまいます。

 

特に夜の10時から夜中の2時というのはそのゴールデンタイムとも言われていて、日中外的刺激で傷ついた髪を修復し育てる時間ですので、早寝早起きが髪の健康にもつながることはよく分かりますね。

 

また過度なダイエットや偏った食生活も抜け毛が増える原因になります。体が栄養不足になると、髪というのは生命維持をする上で優先順位の低い部位ですので、たちまち栄養不足になってしまいます。そしてなによりストレスを溜めない生活です。

 

ストレスから女性ホルモンが乱れてしまいますので、しっかり睡眠を取って栄養バランスを考えた食生活、適度にストレス解消することは女性の薄毛対策には重要です。