MENU

女性の薄毛の原因と対策について

薄毛に悩む女性が増えています。特に30代と40代の後半の薄毛が多いと言われていますが、その原因は年代によって少し事情が違ってきます。

 

例えば30代の薄毛の主な原因として多いのは出産による女性ホルモン量の激変が挙げられます。

 

女性は妊娠出産を経ることで女性ホルモン量が一気に増加したり激減したりかなりアンバランスになることが多いのですが、それが抜け毛を引き起こす直接の原因になっていることが分かっているのです。

 

さらにホルモン以外にも産後の子育てによる睡眠不足や蓄積する疲労により体が大きなストレスを受けてしまい、頭皮の発毛細胞も影響を受けて抜け毛が加速してしまうという原因もあるのです。

 

続いて40代後半になってくると多くの女性はプレ更年期に突入するために、女性ホルモンの分泌が徐々に減少してきます。

 

発毛を司っている女性ホルモンが少なくなると抜け毛が増えて、頭頂部を中心として薄毛を引き起こしてしまい、その状態が更に進行してくると頭頂部の地肌が透けて見えてしまうような状態にまでになってしまいます。

 

こういった薄毛を予防する方法は、日頃から頭皮に栄養を与えて、血行を良くすることを心がける必要があります。

 

そのためには、女性専用の育毛剤を頭皮にマッサージをしながら浸透させることが薄毛防止に高い効果があることが分かっています。

 

そして日頃からストレスを溜めない生活を送るようにし、髪の発毛に良いとされる栄養分の亜鉛や銅、L-リジン、ケラチンなどを成分が配合されたサプリなどの摂取も育毛剤とともに併用するとさらなる発毛効果が期待出来ます。