MENU

祖母の薄毛を見て母がとった行動

私の祖母は50代を過ぎた当たりから薄毛に悩まされてきました。

 

そんな祖母を見て、母はどうにかしてあげたいと考え、いわゆる部分かつらをプレゼントしてあげたそうです。

 

その時の祖母の喜びようを母は今でも覚えているそうで、本当に幸せそうだったと言います。

 

やはり女性は何歳になってもおしゃれを楽しみたいですよね。

 

それなのに薄毛でボリュームが無くなるとどんな髪型をしてもパッとしません。

 

鏡を見るのも辛くなってしまうのではないでしょうか。

 

そんな世の悩める女性を救う、部分かつらは素晴らしいものだと思います。

 

母も現在少し髪が薄くなり、遺伝なのだと思わされますが私もいつか同じように部分かつらをプレゼントしたいなと思いました。

 

ただ、現在は「この年でかつらなんて!」と、本人が拒否しているので70代を過ぎるまではお預けです。

 

薄毛になると髪の毛そのものが細くなりますよね。

 

私も今自分の髪の毛を時々見ては「まだ大丈夫」と確認をしています。

 

髪をとかして細くて短い毛が抜けていたら危険信号のようですが、私の場合はまだ長くて太い毛が抜けているので安心です。

 

しかしだからと言って薄毛にならない保証はないので、今から十分気をつけていきたいと思います。

関連ページ

私の薄毛対策